杉並リハビリテーション病院

看護部

看護部は、患者様・ご家族様に思いやりをもって関わり、安心して入院生活が送れるように看護、介護の提供に努めています

看護部長あいさつ

 高齢化社会となり、地域構想の構築という中で、回復期リハビリテーション病院の役割は、急性期治療を終えた患者様が、生活の場に戻るためのリハビリを専門的に行う重要な役割を担っていると思っております。看護師は日々の生活もリハビリの一環と考え、患者様と24時間関わり、療養上のサポートとともに精神的なケアを行うことを大切にし、思いやりを持って接していける看護・介護を目指しております。当院は「愛し愛される病院」という理念のもとに患者様やご家族様、地域の方々に信頼される看護を提供できるように常に努めていきたいと思っております。
 また、回復期リハビリテーションは多くの専門職とともに、患者様の自立をめざすため横断的に役割を共有することが出来る強みを持っております。患者様一人ひとりに合わせた計画を立て多職種で関わり退院後の生活がイメージ出来るように支援することで、患者様やご家族様は在宅復帰を安心して考えられると思っております。
 回復期リハビリテーションは、急性期の治療を終えた患者様の機能回復へのケアやQOL向上の支援の提供が出来ること、そして何よりも、元気に退院の日を迎える患者様をお送りする喜びを実感出来ることが看護・介護のやり甲斐につながると思っております。


看護部長

上田 千春

看護部長の想い