杉並リハビリテーション病院

教育プログラム

ナースとして、医療人としての新人教育は、個人の希望や特性を生かした個人プログラムを採用しています。

私たちの教育の主眼

看護部教育理念

専門職として成長し、人間として成熟していく

当院におけるリハビリ看護師像

  1. 障害を抱えたままでもその人らしい生活を送れるように支援する看護師
  2. 急性期から維持期まで、どの時期でも展開するリハビリの視点を持っている看護師

教育目標

患者さまの人権を尊重し、安全で質の高いリハビリ看護が実践できる看護師を育成する

  1. 科学的根拠、論理的思考に基づき、リハビリ看護が実践できる
    1. 患者さまの生活機能障害のアセスメントができる
    2. 患者さまの生活機能の回復過程の援助ができる
    3. 機能訓練が円滑に受けられるよう日々の心身の健康状態を整えられる
    4. 機能障害に伴う廃用防止ができる
  2. すべての患者様の人権を尊重し、誠実さと責任感をもって接する
  3. 在宅復帰のための患者さまの学習支援・自立支援ができる
  4. 看護実践能力の向上を目指し、自己研鑚し成長できる

クリニカルラダー(看護実践能力育成)

看護職キャリアラダーに期待して

山頂を目指す登山と同じように、新卒の未熟な看護師がベテラン看護師に成長する道標(みちしるべ)です。中途で採用された方は、途中からの出発です。看護という山道は登り難いかもしれませんが、しっかりとした足取りで歩き始めてください。その結果、成長したご自身を確認することができるでしょう。皆さんが関わる患者様・利用者さまが最適な医療看護を受け、その人らしく活き活き生活できる手助けになりますように期待して、エールを送ります。

AMGキャリアラダーシステムの定義

ラダーとは、「はしご」、「はしご状のもの」、「手段」、「(地位の)階段」の意味があり、段階的に登ることやその手段を意味する。一方、キャリアとは「職業的な、(生涯の)職業、経歴、履歴」などの意味をもち、自己実現に向けた生涯を見通した連続性のある広い概念をもつ。 AMGキャリアラダーシステムは、実践能力を育成する「クリニカルラダー」と、管理能力を育成する「マネジメントラダー」に加えて、特殊性のある専門領域で看護実践能力を補うための「透析看護ラダー」、「内視鏡看護ラダー」、「手術看護ラダー」によって構成されている。

クリニカルラダーの枠組み

1.カテゴリーの設定

看護スタッフの育成は看護基礎教育で学んだことを土台にしたうえで臨床実践能力を高めるものである。 新人看護スタッフは新人研修で習得したことを基盤にし、継続的に自己研鑽を積むことが求められる。
看護クリニカルラダーは、新人看護スタッフからスタートするものであり、能力育成に必要なカテゴリーとしての到達目標である3つの指標「看護実践能力」「組織的役割遂行能力」「教育・研究能力」をベースに設定した。また、各カテゴリーをさらに以下のように分類した。

大項目中項目
看護実践能力ニーズをとらえる力、ケアする力、協働する力、意思決定を支えるカ
組織的役割遂行能力目標管理、メンタルヘルス
教育・研究能力継続教育・看護研究

2.レベル段階の決定

看護クリニカルラダーレベル臨床経験の目安到達目標
1年目基本的な看護手順に従い必要に応じて助言を得て看護を実践する
2~3年目標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する
3~5年目ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する
5年目以上幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する
7年目以上より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する

3.対象

常勤、非常勤の看護師および准看護師

原則60歳以上の嘱託雇用と派遣スタッフは対象外とする

※准看護師はレベルⅡまでとする。