杉並リハビリテーション病院

栄養科

「治療の一環」として、栄養面から患者さまの一日も早い病状の回復を願い、健康の維持・増進のサポートをいたします

入院患者さまの栄養管理

栄養管理はすべての疾患治療の上で共通する基本的医療の一つであり、一般に栄養管理をおろそかにすると、いかなる治療法も効力を失ってしまいます。この栄養管理を、症例個々や各疾患治療に応じて適切に実施することをNutrition Support(栄養サポート)と言い、当院においては、この栄養サポートを職種の壁を越えて実践する集団(チーム)・NST(NutritionSupport Team:栄養サポートチーム)が活躍しております。

外来栄養食事指導

日頃の食生活と「生活習慣病」は密接です。食生活を振り返り、改善点を見つけましょう。「一人暮らしなのだが・・・」「甘味は別腹!?」「アルコールのカロリーは?」「牛乳キライ!」など食事・栄養についての質問・疑問にお答えし、食生活をバックアップいたします。 無理なく出来ることから食生活の改善をはかりましょう。ご予約制になっておりますので、各診療科スタッフにお問い合わせください。

入院栄養食事指導

入院時に提供される食事の意味を「わかりやすく」お伝えします。退院後もバランスのとれた食生活がおくれるよう、食生活プランを立てましょう。 食事・栄養に関する質問・疑問にお答えし、調理レシピなどもお伝えしていきます。

入院患者さまへのお食事の提供

「治療の一環」と同時に、患者さまの満足度の高い食事提供を心がけております。バランスのとれた内容での「四季のサイクルメニュー」や「選択メニュー給食」をお楽しみください。また、管理栄養士のベットサイド訪問により、さらに病態・嗜好に合ったお食事の提供を目指します。

栄養士教育

将来、栄養士を目指す栄養士養成学校の学生が、当院栄養科にて臨地実習を行っています。今後、ますます果たすべき役割の大きくなると思われる栄養士の教育に貢献しております。