杉並リハビリテーション病院

リハビリテーション科

Your Smile, Our Happiness

リハビリテーション科集合写真

理念は “Your Smile , Our Happiness”

回復期リハビリテーション病棟2つからなる当院は、質・量とも高いレベルのリハビリテーションを患者様へ提供しなければなりません。その為には多くのセラピストが必要となりますが、その人財が同じ方向性を持つことが重要です。

“Your Smile , Our Happiness” 文字通り、患者様・ご家族を笑顔にする。幸せにする為に我々は汗を流します。患者様・ご家族にとって何が、どうなることが幸せなのか、入院当初から、時には入院前から一緒に考えることを惜しみません。患者様・ご家族の笑顔に出会えた時、我々は幸せを実感できると考えています。

リハビリテーション科長
リハビリテーション科長

管理者 PT

干場竜志

社会情勢から我々に求められていること

回復期リハビリテーション病棟は、①在宅復帰、②寝たきり防止、③日常生活自立度の向上を目的として、2000年に整備された病棟です。その後、量的指標(365日リハ実施、1日提供リハ単位数etc)や質的評価(在宅復帰率、重症者改善率etc)が追加され、2016年には更に高い質を問う、回復期アウトカム評価が導入されました。これらのことから、回復期リハビリテーション病棟は、より早くに急性期から患者様を受入れ、早い在宅復帰を実現しなければならないこと、重症患者様であっても多職種が連携、叡智を結集することで、できる限りの自立度向上、介助量軽減、在宅復帰を目指すことが望まれています。

当院は重症患者様受入、日常生活自立度改善率等において、全国平均を上回っており、回復期リハビリテーション病棟に求められる機能・役割を果たしていると自負しています。今後も時代に、地域に必要とされる回復期リハビリテーション病棟であり続けます。

地域資源として

地域包括ケアの時代、当院の人財である多くのセラピストは杉並区/西荻地域においても大切な医療資源です。

当院は回復期リハビリテーション機能に特化しており、地域に貢献できるサービスは決して多くはありません。しかしながら、健康寿命延伸に寄与できるセラピストは地域包括支援センター(ケア24)の協力を得て、病院外でも活躍しています。

回復期リハビリテーション病棟ですから、在宅復帰を目指すことは勿論、地域に戻った後、ひとりの生活者としてイキイキ暮らすことができるか、例えば運動習慣をつくって、病気や怪我の再発予防を自らできるようセルフマネジメントができるか、このような視点をもつことが大事だと考えています。

余談ですが・・・

東日本大震災

私は岩手県釜石市の出身です。実家のある地域は釜石市内でも最も多くの被害が出た地域です。2011年3月11日、生きること、生かされていることを深く考えさせられました。私の中にあった価値観の多くが変化させられる出来事でしたし、多くの日本人が大なり小なりそのような感覚を抱いたのかもしれません。

家族、親戚が避難生活や仮設住宅での生活を送っている中、会話から住み慣れた地域がいかに大事なのか、またそれを 失うことの測り知れないダメージを身近で感じました。そこに戻れることが、その人にとってどれ程重要なのか、改めて考えた時、回復期リハビリテーション病棟の役割の一つである在宅復帰のとらえ方が変わりました。学校で先生から、職場で先輩から何度も聞いた“在宅復帰”という言葉の意味が、それまで私が考えていたものより、もっと深くて大事なことなのだと改めて認識することになったのです。それは同時に、回復期リハビリテーション病棟で汗を流すセラピストの仕事の尊さ、素晴らしさを再認識させてくれました。

2015年ラグビーワールドカップ

2015年9月19日、エディージョーンズ率いるラグビー日本代表が南アフリカを34-32で下しました。スポーツ史上最大の番狂わせと称された結果はラグビー経験者の私には想像もできませんでした。

なぜそのような結果が生まれたのか分析する記事が沢山溢れました。そこから学べることの一つに、強豪国の真似をするのではなく、日本人が得意なこと、日本人の強みは何かを徹底的に考え抜き、選手がやることをできるだけシンプルにしたことが挙げられます。

当院は回復期リハビリテーション病棟しかありません(外来リハビリテーション、訪問リハビリテーションも実施していますが、中心となるのは回復期リハビリテーション)。やるべきこと、やれることはシンプルです。我々が得意なこと、強みを活かし、求められる結果を安定して実現するよう努力を続けます。